伝統文化

当協会は、全国各地における伝統的な歌、踊り、祭礼、工芸、茶道、華道、武道などの伝統文化の活動の支援、伝統文化活性化のための普及啓発、研修・交流、調査研究等を通じ、伝統文化の活性化を図り、もって、我が国の文化の向上に寄与することを目的として設立されました。    
 
伝えたい伝統
平成19年度伝統文化活性化シンポジウムより (伝統芸能鑑賞:伶楽舎)
  公益財団法人 伝統文化活性化国民協会

Facebookページも宣伝
ごあいさつ
財団の概要
賛助会員募集

最終更新日 2013/5/16

EMAIL
ご意見等はこちらへ


Topics

お知らせ(2014/02/14)

当協会常務理事 久保庭信一(81歳)儀 かねてより病気療養中のところ薬石効なく平成26年2月14日逝去されましたのでお知らせいたします。
ここに、生前いただきましたご厚誼を深謝し、心よりお礼申し上げます。

平成25年度シンポジウムについて。(2014/01/27)

都市化の中での伝統文化活性化事業実行委員会が平成26年1月26日(日)に開催しました「神楽と儀礼」〜御神楽から里神楽へ〜につきましては、盛会裡に開催いたしました。
多数の御来場ありがとうございました。

平成24年度事業報告・決算について。(2013/06/22)

平成25年6月21日に開催された評議員会で、平成24年度事業報告及び決算書が承認されました。詳細は、「財団の概要」をご覧ください。

「無形文化遺産の記録所在情報データベース」ホームページ公開(2012/04/01)

「無形文化遺産の記録所在情報」が、インターネット上のデータベースとしてご利用いただけるようになりました。ぜひこちらよりご覧ください。

平成24年度事業計画について(2012/03/08)

平成24年3月8日に開催された理事会で、平成24年度事業計画及び収支予算(案)が承認されました。詳細は、「財団の概要」をご覧ください。

10周年記念寄付金贈呈式(2012/01/26)

平成24年1月26日(木)伝統文化活性化議員連盟会長平沼赳夫先生の事務所で、贈呈式が行われました。詳細はこちらをご覧ください。

 

 
絵はがきセット「日本のふるさと」第1集〜第3集
一筆箋「日本の文化遺産」シリーズ 5種類
インターネットよりご購入いただけます。
 
平成13年の当協会設立から調査研究事業の一環としてを取組んできました「無形文化遺産のデータベース作成事業」ですが、インターネット上のデータベースとしてご利用いただけるようになりました。
 

全国神楽協議会が、神楽の保存団体の分布や活動状況を全国規模で掲載した「神楽マップ」を作成しました。また、神楽支援金の募集情報も掲載しております。
(文化庁委託事業『平成22年度地域文化総合活性化事業』及び文化庁補助事業『平成23年度文化遺産を活かした観光振興・地域活性化事業』)

 
当協会は、公益財団法人として、伝統文化活動支援事業、伝統文化功労者表彰事業、広報誌「伝統文化」の作成・配布、伝統文化シンポジウムの開催、伝統文化調査研究事業などの自主事業のほか、文化庁の委託事業として「伝統文化こども教室事業」や「ふるさと文化再興事業」を実施してまいりましたが、これらの事業のうち、特に、広報誌「伝統文化」の作成・配布事業は、財団法人宝くじ協会から、公益の増進に寄与する事業として評価され、平成14年度から連続して助成を受けて実施しており、伝統文化の活性化と普及啓発に大きな成果をあげているところです。
なお、財団法人宝くじ協会の事業の詳細につきましては、財団法人宝くじ協会のホームページをご覧ください。
 
平成24年5月12日の第6回式年遷宮記念シンポジウムは、全日本社会貢献団体機構から一部助成を受け開催いたしました。
なお、全日本社会貢献団体機構の事業の詳細につきましては、全日本社会貢献団体機構のホームページをご覧ください。